飾り線上

どんよりした休日の晩に想い出に浸る

飾り線下
一年の中で、雨の多い梅雨がなぜか好きだ。
空気は湿度が上がり出かければ濡れるけど。
理由として、子どもの頃、梅雨に見られるアジサイがきれいで、以来紫陽花が咲くのを楽しみにしている。
九州長崎の出島で付き合っていた、シーボルトとお瀧さんの紫陽花デートの話をご存じだろうか。
オランダ人の中に紛れて来日した、ドイツ人のシーボルトが、あじさいを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言ったそうだ。
梅雨にひっそりと咲くアジサイを見て何度も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
そのうち変化して、あじさいは「おたくさ」という異名を持つようになったという。

熱中して体操する父さんと俺
辺ぴなところに住んでいると、ネットでものが簡単に買えるようになったのが、ものすごく便利だ。
その理由は、まともな本屋が市内に2軒しかなく、本の品ぞろえも悪いから、購入したい小説も買えないからだ。
取り寄せるよりネットショップで購入するほうが簡単だ。
それは、書店に行くだけで車で30分近くかかるからものすごくめんどうだ。
ネットショップに慣れたら、本以外もオンラインショップで購入するようになった。
電化製品は、ネットのほうが必ず安いし、型番商品は必ずオンラインショップ買いだ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。
飾り線上

一生懸命体操するあいつと冷たい肉まん

飾り線下
普段、会社やするべきことに追われていて、そこまでゆっくりできる時間がない。
少しばかりフリーが持てても、なぜか次の仕事の予定など、何かしらの詳細が頭の隅にある。
そんな状態で大きな休みができると、めちゃくちゃワクワクしてしまう。
よ〜し、このオフをどうやって使おうかと。
最終的にはほとんどが、あれしたい、これしたい、など希望のみが募り、全部は上手くいかない。
そして私は行動が遅いので、気付けば一日が経過。
時は金なり、なんてまさに明瞭だと思う。

息もつかさず口笛を吹く姉ちゃんと穴のあいた靴下
ここまでネットが普及することは、小学生だった自分には全く予想できていなかった。
物を扱う業界はこれから先競争が激化するのではないかと思う。
ネットを使用し、なるべく価格の低い物を探すことが可能だから。
争いがピークになったところで頻繁に見かけるようになったのが、集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
今は、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段が目的化してしまいそうだ。
飾り線上

騒がしく走る弟と私

飾り線下
理由があって必要な太い竹を必ずいただけるようになって、感謝しているのだが、しかし、竹が厄介で出来る限り持っていってほしがっている知人は、必要以上に大きい竹を取って運び帰らせようとしてくるので面倒だ。
そこらじゅういての竹を運んで戻っても捨てることになるのだが、処分に困る竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、運んで帰ってくれと強く求められる。
こちら側もいるものをタダでもらっているので、断りづらい。

息絶え絶えで歌うあの人と冷たい肉まん
現在のネイルは、バイオジェルなど、素晴らしく高度な技が駆使されているようだ。
ちょっとだけサービスのある招待状を貰ったので、来店してみた。
私は、柄や雰囲気に対して、こだわってしまうので、決定するのに時間を要した。
薬指に簡単なネイルアートをしてもらって、凄く機嫌がよくなれた。
飾り線上

寒い平日の夕暮れは冷酒を

飾り線下
娘の3歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントを何にしようかを考えている。
嫁と話して、体を使って遊ぶ遊具か知育玩具か着るものなどにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、実物を見に行って決めることにしたけど、ピンとくるものがなかった。
だけど、子供に見せてみたら、以外とあっさりと決まった。
トンネルの遊具に夢中だったので、それに決めた。
ただ、家が窮屈なので、小さくてコンパクトなものに決めた。
価格が、わりとリーズナブルだったので、助かった。

雹が降った祝日の朝にシャワーを
梅雨もようやく明け、今日蝉が鳴き出してたのを聞いて、少年は「夏だ。」と感じた。
あと10日ほどで夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側でアイスクリームを舐めていた。
頭の上では風鈴がときどき鳴っていた。
朝から暑い日で、日光が座った少年の足を照りつける。
少年は半ズボンだった。
顔を伝って汗が流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近所の屋外プールのオープンを待ち焦がれていた。
飾り線上

ひんやりした平日の夕方にお菓子作り

飾り線下
ツアーでも出張でも、韓国に行く機会が多い。
なじみがあるのは、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女の人だったらコスメブランドや小物など興味を持っている方も多いようだ。
韓国では外見へのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての勢いは素晴らしいといわれる。
就職や、お見合いの際に、日本に比べてあからさまに判断されるシチュエーションが多い。
自然と、韓国で発売される化粧品は、成分が日本製より多く含まれているらしい。
そのため、合う合わないは出てくるものの、結果は期待できるのではないだろうか。

熱中して走る君と枯れた森
少し前、コンディションが悪いのに、栄養バランスの悪い食事と、睡眠の質が良くなかったので、シミが多くなった。
マズいと思い立って、生活習慣を送り、体にいい事をし続けようと周りの意見を聞いた。
すると勧められたのが、アセロラジュースだ。
現在に至るまでしょっちゅう飲むことにしている。
あのレモンよりもビタミンが多量に摂取できるという。
健康的な体と美肌はやはりフルーツから作りだされるのかもしれない。

小さい飾り線上

カテゴリ

小さい飾り線下

カテゴリ


Copyright (C) 2015 ピエロを幸せに、少年に努力を All Rights Reserved.
レトロ飾り